Vin de rie と日本料理小岱・・・・

Vin de rie (米のワイン)
美食の都パリでは日本酒の事をVin de rie と表現します。
ワインのように繊細なお酒であることと中国の白酒(パクチュウ)と区別するために
そのように表現されるみたいです。

小岱で扱っております日本酒の中でもソムリエ的に美食と合わせる
日本酒を今回紹介いたします。

vin de rie.jpg

獺祭 50にごり発泡 6200円

にごり酒だからこそわかる山田錦の米の甘味、瓶内二次発酵が生み出す爽やかな発泡性
味わいの最後に繊細かつ骨太の純米大吟醸が見せる鮮やかな味の切れが特徴でございます。

喜多屋 寒山水   6930円

山田錦 雄町を45%磨き上げ 奥八女・矢部村の深山に源を発する
矢部川の伏流水で仕込み、低温発酵させた華やかでフルーティな香りと柔らかく
キレの良い味わいの純米大吟醸でございます。

獺祭 純米大吟醸磨き三割九分 7500円

華やかな上、立香りと口に含んだ時に見せる蜂蜜のようなきれいな甘み。
飲み込んだ後の複雑で長い余韻。
39%まで磨き上げた山田錦の特徴を生かした純米大吟醸でございます。

私がこの春お勧めする美食に合わせる日本酒でございます。
世界で評価されている日本酒を小岱のお料理と是非一度合わせて頂きたいと思います。
素晴らしい日本酒ゆえサービスの方法を検討中でございます。
従来通りの御猪口が良いのか香りを生かすためワイングラスが良いのか
ソムリエとしての腕の見せ所かと思います。
素晴らしい日本酒と皆様の出会いお待ちしております。

Sommelier K,Tazoe
2014/02/25(Tue) 16:40:39 | VERDE日誌

Profile

image
VerdeStaff
スタッフ

New Entries

Comment

Categories

Archives(1167)

Link

Search

Free

Counter

3685192